滋賀県公立高校入試で必要な内申点について

Table of Contents

滋賀県公立高校入試で必要な内申点とは

公立高校入試では一般試験の点数と内申点によって合否が決まります。

その内申点は、学校の成績つまり通知表の評定によって決まります。

一般入試で同じ点数を取った場合

成績の良いほうが合格するというわけですね。

一般入試の点数が5教科×100点(一部除く)で500点

内申点は135点満点なので決して小さい数字ではないので

普段の定期テストから抜かりなく対策していきたいですね。

受験でどう活用されるか?

先ほどお伝えした、内申点135点とは9教科×5点(一年間)×3年間=135点満点

という仕組みでつけられます。

なので一年ごとの成績(評定平均)の合計が内申点として

受験の合否に活用されるのです。

内申点はどうつけられるのか?

例えば極端な話、、

数学の成績が一学期が2、2学期が3、3学期が4だったとします。

その一年の内申点はどのように決まるかというと結論は

”わかりません”

というのも、教育委員会に確かめてみたところ、

「具体的な話はお伝え出来ません」

となってしまったのです。

しかし生徒の皆さんは面談の時など学校の先生に

確認することによって教えてもらえるはずなので、

気になる人は担任の先生に確認してみてください。

おそらく、学校によって方針が決まっていると思いますので

それを確認して内申点を確かめるのがよいでしょう

まとめ

受験となるとどうしても受験勉強に気が行ってしまいますが

やはり内申点も合否にかなりかかわってきます。

だからこそ普段の授業からしっかりと受けて、提出物もしっかり出し

少しでも受験を有利に受けてほしいと思います。

STfunでは受験対策だけではなく定期テスト対策もしっかり行っています。

早めの段階から受験を意識して、第一志望の高校に行きましょう!